スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックスヘイブン活用法 その9

2009年09月15日 13:02

なかなか毎日アップできず。すいません。

住所を海外にするだけで非居住者になる。

これは、理屈としては簡単です。

ですが、現実問題として、日本で働いている人ができるかというと、難しいですね。

ただ、住民税など地方税を払わない為に住所を抜く人もいます。

某元大臣が以前にやっていると話題になった手法です。

地方税は1月1日にどこに住んでいるかで納税先が決まります。

ということは?

1月1日に海外に出ていたらどうでしょうか?

旅行に行く人は多いですよね。

旅行ではなく真剣に引越し先を見つけるために、12月20日頃日本の住所を抜き、海外に飛び、物件を探し、土地をリサーチして、予定が変更になり引っ越しが先延ばしになり、1月10日頃役所に住所を戻す手続きをしたら?

1月1日時点で日本の非居住者ですね?

この扱いは?

タックスヘイブン活用法からずれましたが、このようなことを考える人もいたのですね。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jackymacau.blog85.fc2.com/tb.php/43-d32672db
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。