FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックスヘイブン活用法 その4

2009年09月02日 18:41

タックスヘイブンを使う上で、税金の理解が不可欠です。

以前も書かせてもらいましたが、個人や法人を課税対象にするかしないかという基準に、「属人主義」「属地主義」というものがあります。

この概念を理解することが必須です。

「属人主義」とは、税金の請求をする基準を人に求めるのです。

どういうことかと言いますと、国籍によって課税対象か課税対象でないか判断するのですね。

どこに住んでいようが、自国に納税の義務が発生します。

代表的な国では、アメリカ、フィリピンがあります。

アメリカ人はアメリカに住もうが、日本に住もうが、マカオに住もうがアメリカに納税しないといけないのですね。

「属地主義」とは、税金の請求する基準を住んでいる地域や国に求めます。

日本はこの「属地主義」を取っています。

日本人が日本に住んでいれば課税対象ですが、海外に住んでいると課税対象ではないのですね。

これは法人にも当てはまります。

日本に登記している海外法人は日本で納税義務があります。

日本人が作った法人でも海外籍で海外で営業行為をしていれば、課税対象ではないのですね。

どこに住所を置いているかが判断基準になってきます。

明日へ続けます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jackymacau.blog85.fc2.com/tb.php/37-8e72aafe
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。