スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックスヘイブン活用法 その10

2009年09月16日 23:40

実際に住民票を抜くだけで地方税を支払わなくて良いのだが、実際にそれを毎年やるとなると現実的ではないかもしれません。

法律上問題が無いはずですが、そうはいっても。。。

本当に海外に引っ越すつもりで住民票を抜いているのならともかく、税金を払いたくないからだとしたら虚偽の申告になってきますね。

では、法人を海外に持つという行為はどうでしょうか?

法人も法人格があり、非居住者になりますね。

日本に住みながら、海外に法人を持つ。

日本の居住者でありながら、非居住者の人格も持つ。

このような場合にどのような認定をしていくのでしょうか?

日本に住みながら海外に非居住者の別人格を持てるのか。

以前、タックスヘイブン税制について書きましたが、この法律に挙げられている条件をクリアしていけば良いのですね。

難しいことではありません。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。