スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資の種銭はいくら必要か

2009年07月29日 20:55

投資の説明をすると、「投資するお金が無い」と言う方がいる。

日本ではFXなど少額から投資できる商品も流行っているようだが、実際はいくら必要なのだろうか?

平均給与が下がっている時代に少額もしくは元手無しで始められれば良いのだが。

自分の体感として300万円は目安になるのではと思う。

これは事業を始めるのでも同じ。

やはり300万円。

300万円を貯めるためには、まず100万円を貯めるところから始めると思う。

100万円を貯められれば300万円まではそう難しくない(と思う)

300万円から1000万円はちょっと大変だが。

300万円あれば、100万円無くなっても200万円残っている。

安い不動産なら頭金にすることもできる。

毎月の支出だって賄うのが大変だという方もいるだろうが、給与だけで考えず、副業であったり、ヤフオクであったり、他に収入減を探していけば良い。

逆に言うと、これができない人は、貯金があっても上手に投資していけない。

コツコツ貯めていくしかないのだ。

しかし、この低金利でコツコツ貯まるのかが問題である。

以前にも複利で運用する積立投資について書いたが、元手が無い人は、まずはこれにチャレンジしてもらいたい。

毎月の積立なので、急な出費があったらキツイのだが、それを乗り越えないとお金は貯まらない。

手元にある金額の大小は関係なく、手元にあるお金はすぐ無くなってしまう。

強制的に積み立てていくことが大切だ。

そして、貯金をする実績を自分の中で作ってみる。

金利も日本の商品より想定できる。

しかし、長期積み立てだから元手の300万円を作るための貯金ではない。

失敗した時や老後のための運用だ。

そして、貯金が習慣化したら副業など別の財布を作ろう。

将来の不安を消して、チャレンジしていこう。

コツコツ貯めて投資して一瞬で無くすという行為からは逃れることができるのだ。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。